和江不動滝






滝前の様子(倒木だらけです)


和江の国分寺跡 国分寺跡の標識



京都府舞鶴市和江にある「和江不動滝」(別名:和江の滝、不動の滝)です。
落差15m。国分寺跡の奥の院として祀られている信仰の滝です。
和江地区では古くから信仰の対象として祀られているようで、
滝見道もしっかり整備されており、観瀑台にはベンチもありました。
しかし、現在は滝前が倒木のために塞がれており、滝前に近づくのは容易ではありません。
観瀑台から眺めるなら望遠レンズがあった方がよいでしょう。
滝へは、国道175号線を福知山から北上し、道なりに国道178号線へと進みます。
和江神社の先を左折し、そのまま集落内の道を進みます。
集落を抜けると林道和江漆原線に入り、すぐに国分寺跡が見えてきます。
国分寺跡駐車場に車を停めて、そこから徒歩200mです。
滝前に行く場合は倒木があり、とても危険なので自己責任でお願いします。

2008.12.14撮影 Panasonic LUMIX DMC-G1  Fuji FinePix F50fb









今回は水量少な目 滝前はかなり荒れていました


「丹後滝巡りツアー」で滝友のはなごやさんをご案内して、
実に7年10ヶ月ぶりの再訪です。
初めて訪れた時は、滝のやや手前まで遊歩道があり、
そこにはベンチがあって滝見台風になっていましたが、
今回、滝手前100m付近で道が無くなり、
滝遠望所も完全に流失していました。
初訪滝時も水害直後の様相でしたが、
あれからさらに水害があったようで、滝前は一段と荒れていました。
しかも、以前は遠望できる滝でしたが、
立木が大きく成長したようで、滝直前まで見通しがききませんでした。
何だか浦島太郎になった気分でした。

2016.9.11撮影 Canon EOS M3


inserted by FC2 system