中津美渓谷の滝群


大滝(不動滝)




滝正面より やや下流から
展望所より遠望(葉隠れした上段があります) 中段の滝上部
展望所からはかなり遠望です 中段周辺の様子



下段の滝 滝口より



中段の滝滝口 この上にさらに上段があります


楽滝


落差約10m



別角度から



大滝滝見道から望む


中津美林道入口 本来の渓谷入口(標識あり) 林道篭山線入口(左へ)
林道にある展望所 展望所にある渓谷案内図
篭山線からの渓谷入口(標識あり) 滝見道にある真新しい標識


鳥取県鳥取市用瀬町屋住にある中津美渓谷(中津美川渓谷)の滝群です。
同渓谷には大小様々な滝があり、名前があるものだけでも、下流側より、
「小滝」「楽滝」「大滝(不動滝)」「安ヶ母滝」「長者ヶ滝」「白髪滝」「黒滝」があります。
主瀑は、「大滝(不動滝)」で、落差20m。大きく3段に分かれる勇壮な段瀑です。
公称の落差は20mとなっていますが、これはメインの中段と下段を合わせたもので、
滝下からは見えない上段があり、これを含めると30m級の大滝です。
上段は、林道篭山線にある展望所から確認できます。
今回のホージローの写真では、季節的にほぼ葉隠れしており、
かつコントラストもきつかったので、確認しづらいですが、案内図の写真で確認できます。
「大滝」は、別名「不動滝」とも呼ばれ、かつては不動尊もあったそうですが、
訪滝時には確認できませんでした。
下段の滝は、滝下にも回り込めそうでしたが、
この日は、気温37℃というかなりの猛暑だったため、
大滝中段の訪滝で、すでに体力を消耗してしまい諦めました。
また、大滝下段の100m程下流には、「楽滝」があります。
この滝も公称では、落差6m2段の段瀑となっているのですが、
どうみても滝は4段あり、落差も10mはありそうです。
滝直下からは上2段が見づらいのですが、別角度から見れば確認できます。
こちらは、「大滝」とは違った、流れの綺麗な女性的な滝です。
他の滝も廻りたかったのですが、猛暑による体力の消耗が激しく、
心が折れてしまい、今回は諦めました。
また、紅葉シーズンにでも再訪したいと思います。
滝へは、鳥取自動車道用瀬ICを下り、国道53号線を南下します。
「安蔵」交差点から、「安蔵川」に沿って県道118号線を西進します。
やがて、屋住地区のやや手前のカーブに旧道の分岐があり、
そこを入ると「中津美林道」入口があります。
そこに渓谷の標識と「左折3.7km」の標識があります。
ここが本来の渓谷入口で、林道突き当りまで入れば遊歩道もあります。
しかし、このルートは、以前にアタックした時に、遊歩道が途中から藪状で不明瞭となり、
距離もけっこう長かったため、止む無く諦めたところなので、
今回は、下調べした別ルートをとりました。
「中津美林道」入口から県道をさらに西進し、江波地区まで行きます。
江波地区の先に写真の分岐があり、ここから林道「篭山線」に入ります。
(「中津美渓谷」等の案内標識は一切ありませんので、注意してください。)
あとは、林道を延々と走り続けると、やがて写真の東屋があります。
ここが「大滝展望所」で、遥か下方に「大滝」中段、上段が見えます。
ここまで林道は舗装してあるので、普通車でもOKです。
展望所からさらに林道を進むと、「中津美川」との合流点付近で支枝林道があり、
そこに「長者ヶ滝」の標識があります。普通車は、その辺りに駐車するとよいでしょう。
「長者ヶ滝」は支枝林道側にあるようですが、確認していません。
「大滝」へは、そのまま本線林道を進みます。
やがて未舗装路になり、「安ヶ母滝」の標識があります。
(林道からも見えるらしいのですが、葉隠れで見えませんでした。)
標識からさらに進むとすぐに写真の遊歩道入口の標識があります。
林道はやや荒れていますが、RVならここまで進入可能です。(駐車2台程度)
ここから遊歩道を徒歩15分で、「大滝」中段に着きます。
遊歩道は、意外や綺麗に整備されていて、滝までも100mごと位に標識がありました。
最近、草刈りも行われたようで、とても歩きやすかったです。
途中、滝見道下方に「楽滝」が見えます。(古い標識あり)
「楽滝」へは、標識から「大滝」側に少し行くと下りの分岐路があるので、
それを下ると問題なく辿り着けます。
分岐路は、やや踏み跡的な道ですが、ピンクのリボンがあるので迷うことはないでしょう。
「楽滝」下流にも木製の真新しい梯子か設置してあり、
つい最近、整備されたような感じでした。
ただし、「楽滝」から「小滝」方面へ下るには、梯子のやや下流側から川を渡るようなので、
長靴等の装備があった方がよいかも知れません。
この日は、長靴も履いておらず、体力的にもここで限界だったので、引き返しました。
なお、かなりしんどそうに書いていますが、あくまでも熱中症予防のため中断しただけなので、
季節と装備が違えば、たぶん楽勝な道のりです。
気温37℃と人気のない山深い場所、単独行という条件のため、安全策をとりました。
(ホージローがヘタレ系滝ヤであるという事実もありますが、、。)

2015.8.2撮影 SONY NEX-6  SONY Cyber-shot DSC-RX100


inserted by FC2 system