幸福の滝





滝周辺の様子 滝口付近



滝前に下りることはできず、撮影ポイントも限られる


滝への分岐 交流の館(滝はこのやや手前)


苔滝
<仮名>


落差約4m


苔生せた岩肌が綺麗 滝壺は小さいながら深いです



小さいながら綺麗な滝です


雫の滝
<仮名>



苔滝脇の支枝沢の滝ですが、水は少なめ(落差約5m)


滝への遊歩道入口(電気柵有) 滝脇の東屋



八東ふるさとの森案内板



管理棟


鳥取県八頭郡八頭町妻鹿野(めがの)の「八東ふるさとの森」にある滝群です。
この園内にある滝の中で唯一名前があるのは「幸福の滝」です。
落差約10m。くの字を描くように緩やかに流れ落ちる綺麗な傾斜瀑です。
この滝は、園内の最奥部にある「交流の館」のやや手前にあり、
滝見用の遊歩道もあります。
しかし、滝前に下りることはできず、明確な展望所もないので、
遊歩道の途中から遠望することになります。
よい滝なので滝下からも見たいところですが、ちょっと残念です。
職員の方に聞いたところ、園内にもう1つ滝があるということで、
行ってみると、小さいながらも苔生せた美しい小滝でした。
名前は無いとのことでしたので、「苔滝」<仮名>としておきます。
また、「苔滝」脇の支枝沢にも小さな脇滝があったので、
こちらも雫が滴る姿から「雫の滝」<仮名>としておきます。
滝へは、「滝谷の大滝」までは同じですので、そちらを参考にしてください。
「滝谷の大滝」から細見川に沿って県道をさらに奥へと進み、
行き詰まりまで進むと、そこが「八東ふるさとの森」です。
施設手前の橋前に広場があり、車はそこに駐車します。
そこから徒歩で園内に進むと写真の管理棟があります。
ここで協力金500円を支払い、管理棟脇の支流に沿って遊歩道を進みます。
やがて、最奥部にある「交流の館」が見えるころ、遊歩道すぐ下に滝が見えます。
正面から見るためには、滝見道へ入ります。
「苔滝」「雫の滝」へは、管理棟からトイレ方向へ遊歩道を進むと、
ヘアピンカーブになった所に遊歩道の入口があり、
そこを下ればすぐに写真の東屋があり、その脇に滝があります。
なお、園内は野鳥の森として有名で、訪れる方の多くは、そちらが目当てのようです。
滝を見に来たと言うと、職員の方も驚いておられました。
ホージローが訪れた時は、ちょうどアカショウビンが営巣作業中だったようですが、
生憎と望遠レンズは持ってきていなかったので、撮影は諦めました。

2015.5.17撮影 SONY SLT-α77VQ  SONY Cyber-shot DSC-RX100


inserted by FC2 system