丸神の滝






紅葉とのコントラストが綺麗でした


滝直下より 左手から
幾筋もの糸を垂らしたような美しい滝です 滝見台から



紅葉は八分程度かな



滝下からは2段目がわずかに見える程度


駐車場(20台程度) 滝見道入口(東側)
案内図(周回コースになっています) 滝見台の説明板


埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森にある「丸神の滝」です。
落差76m。少しずつ向きを変えながら三段になって落ちる美しい段瀑です。
この滝は、埼玉県内で唯一「日本の滝百選」に選ばれており、
名実ともに埼玉県随一と言われる名瀑です。
四季折々に美しい姿を見せ、厳冬期には氷瀑化もするそうです。
しかし、普段から水量ない滝のようで、滝身が痩せている写真をよく見かけます。
ゆえに、今回の訪滝も水量的には期待していなかったのですが、
なんとベストと思える水量で、滝脇の紅葉も色を添えて大変美しい滝姿を見せてくれました。
ホージローの地元からはかなり遠方なので、頻繁に行ける滝ではないだけに、
本当にラッキーだったとしか言えませんね。
しかし、ここで痛恨のミスを犯してしまいました。
ナビにも載っており、難所の滝でもないということで、下調べをいい加減にしていたため、
上段が見える展望所があることを認識していませんでした。
この滝の前に訪れた「西沢渓谷」でけっこう体力を消耗していたため、
滝見台から上の急坂を見て、ここで引き返そうと思ったのが失敗でした。
車に戻って本で確認してみると上段の写真が、、。
再度登っていく時間もなく、後ろ髪ひかれる思いで次の滝に向かいました。
いつになるかは分かりませんが、ぜひ、リベンジしたいと思います。
滝へは、奥秩父方面から国道140号線を荒川沿いに東進します。
荒川贄川から県道37号線へと左折、北上します。
道の駅「両神温泉薬師の湯」の約1km手前の分岐を県道367号線へと左折し、
後は、道なりにひたすら進んでいくと滝入口の駐車場に着きます。
所々一車線分ほどの細い所もありますが、ほぼ一本道なので迷うことなくたどり着けるでしょう。
駐車場から県道を50m程戻ると、写真の滝見道入口があります。
入ってすぐにあるキャンプ場を抜け、比較的整備された滝見道を徒歩20分くらいで滝に着きます。
上段が見える展望所は、滝見台から急坂を5分くらい上がった所にあります。
この滝を訪れるなら、ちょっとしんどいですが、ぜひ周回コースを廻りましょう。

2013.11.4撮影 Panasonic LUMIX DMC-GH3  Sony CyberShot DSC-WX200


inserted by FC2 system