ソロ・キャンプ(2016.1.9-10)
丸山県民サンビーチキャンプ場





ホージローの記念すべきソロ・キャンプ第30弾は、
赤穂市にある「丸山県民サンビーチキャンプ場」に宿泊しました。
ここは瀬戸内海に面した赤穂御崎にあり、
オーシャンビューな絶景のキャンプ場です。
しかも、なんと無料キャンプ場です。
2016年初、新春のソロ・キャンプの様子を紹介します。



到着は、15時30分。ここが駐車場です。
無料キャンプ場としては人気スポットなので、
すでに大勢のキャンパーが。
海岸へは車両進入禁止。(バイクはOKかな?)
入口には名物の焼きかき屋も。
(営業終了後に撮影。ちょっと気が引けたので。)
ここで、いつもと違って、いきなりキャンプ場案内図です。
本来のサイトは、山側の区画サイトなのですが、どれも使用に耐えない状況。
みなさんもA、B、C、D辺りに設営されていました。ホージローはCの場所に設営しました。
今回の設営場所は、炊事棟前。
テントは、コールマンST。
駐車場からかなり遠いので、なるべく軽量に。
ここを選んだ理由は、ずばり景色。
遮るもののない見事なオーシャンビュー。
しかも、炊事棟、トイレも近い。
スイングパノラマで撮影。
まさに180°パノラマオーシャンビューです。景色はここが一番かな。
でも、荷物運びに駐車場から3往復はきつかった。
今回、ライトウェイト対策として、
モンベルのULコンフォートシステムパッドを購入。
写真にはありませんが、ピローもセットで。
さらに、寒さ対策として、
イスカのアルファライト1000Xも購入。−12℃対応。
いずれも貯まったポイントで計約4,000円で購入。
設営が終わると、すでに夕暮れ時。
急ぎ園内散策へ。
ここは管理棟。夏場のみ使用されています。
トイレ棟。このトイレは和式水洗です。
身障者用の洋式もあります。
駐車場にもありますが、あちらは汲み取り式。
ちょっと古い炊事棟。
でも、照明はなんとLED。夜も明るかった。
しかし、かまどは壊れていますね。
シャワー・休憩棟。
もちろん水シャワーです。
夏季の海水浴用ですね。
ここは駐車場に近い広場です。<案内図A>
大型テントはココが多いですね。駐車場に近いから?
(正式なサイトではありません。)
入口から少し入った林間広場。<案内図B>
ここはツーリングの方のソロテントが多いです。
バイクが乗り入れしやすいから?
ここは管理棟脇にある広場です。<案内図C>
ホージロー以外に、もう1組ファミリーが利用。
正式サイトで利用されていたのはその奥だけ。<D>
正式なサイトは、山側に城郭的にあるのですが、
ほとんど利用されていませんでした。
この辺りは駐車場からも近いのですが、、。
理由は、傾斜していて使いづらく、
場所によっては草ボケなところもあるため。
海の見えづらいサイトもあるし、、。
キャンプ場入口には自販機もあります。
AやBの場所を利用する方は近いですね。
これがA、Bが人気の理由? いや、距離だろう。
サイトはかなり奥まで続いていています。
ホージローのテント設営場所から見てもこんな感じ。
これは利用者いないわなぁ。
でも、シャワー棟があったり。
こちらの方が大きいような、、。
夏場は利用者が多いのかな?
さらに、炊事棟があったり。
こちらの方が新しいじゃん!
でも、周辺サイトは使用不能状態。
トイレもあります。
さすがに使用禁止みたいでしたが、、。
でも、薪を集めるならこの辺りが豊富。
海には何か定置網らしきものが、、。
定置網漁かな?それとも養殖?
でも、これもいい感じを出しています。
ふと気づけば夕暮れが。
茜色に染まる雲が綺麗でした。
夕日は、赤穂御崎の向こうに沈みました。
陽も暮れたので、夕食準備。
今日は、新春キャンプということで、ステーキ!
その分、カレーと味噌汁は安物で。
出来上がりです。けっこうおいしそう。
でも、何か足らないような?
あっ。サラダを忘れていた、、。まぁ、いいか。
夕食後は、恒例まったりタイム。
でも、ちょっと寒いなぁ。
荷物ケチらず、焚き火台持ってくるんだった。
気温は、5℃!
まだマシだけど、火の気がないとやっぱり寒い。
これは、あれを持ってくるしかないか。
久しぶりのガスピア登場。
念のため車に積んでいてよかった。
これで、けっこう暖かくなりました。
夜のテントサイト。
街灯や炊事棟の灯りがあり、意外と明るかったです。
一段と寒くなってきたので、9時過ぎに就寝。
新しいシュラフのおかげで、寒くもなく熟睡。
朝は、船の音を目覚ましに6時過ぎに起床。
テント内で温まってから、朝食準備。
いつもと変わらずコンビニメニュー。
ん? 何か足らないような?
あっ! 牛乳忘れた。 定番なのに、、。
・・・と、落ち込んでいると(その程度で落ち込むか?)、朝日が、、。
久しぶりに見る海から昇る朝日です。
新年初の御来光になりました。(個人的な初日の出!)


今回のキャンプは、記念すべき30回目のソロキャンプなので、
以前から行ってみたかったこのキャンプ場を選びました。
噂どおりのパノラマオーシャンビューで、
天候にも恵まれ、最高のキャンプになりました。
このキャンプ場は、無料の割に設備も充実していて、
意外やよいキャンプ場でした。
駐車場からサイトまでがやや遠いですが、
それを差し引いても、良いと感じるキャンプ場でした。
人気があり、リピーターも多いのが頷けますね。


キャンプ場データ

(あくまでも参考までに)

オートサイト なし(バイク乗り入れ可?) 価格 無料
チェックイン・アウト フリー サイト設備 なし
地面(適応ペグ) 芝・土(スチール、鍛造) トイレ 2ヶ所(水洗は1ヶ所)
風呂・シャワー 水シャワー(夏季のみ) 街灯類 場内に数ヶ所
ロケーション 海岸 ペット同伴
焚き火 直火不可? 予約 先着
買い物場所 赤穂市街で 観光 釣り、海水浴など
備考 カート・荷車持参 総合評価 ★★★★★

<総評>

料金は無料です。
正式サイトは、区画型ですが、ほとんど利用できません。
基本的に3カ所ある広場を利用します。
設備は、管理棟、シャワー棟(夏季のみ)、トイレ、炊事棟、自販機があります。
予約は不要で、先着順になります。
人気のあるキャンプ場のため、よい場所を確保したければ、
早めに到着した方が良いでしょう。
ゴミは、もちろん持ち帰りです。
焚き火は直火不可のはずですが、焚き火跡はありました。
芝サイトが多いので、器具を使用しましょう。
土質は芝・土で、サイトは地面のすぐ下に石が多いので、
ペグはスチールか鍛造が必要です。
サイト側のトイレは水洗式で、よく手入れされています。
駐車場側のトイレは汲み取り式になります。
近くにスーパー等はなく、食材は、赤穂市街で買うとよいでしょう。
携帯は、各社問題なくつながるようです。
ロケーションは海岸で、180°パノラマの絶景です。
園内には街灯が数ヶ所ありますが、場所によっては暗いので、
ライトを用意した方が良いでしょう。
また、場所がら時折強い風が吹くことがあるので、
その対策も忘れないようにしましょう。
観光としては、やはり海水浴や釣りがメインでしょう。
営業期間は通年ですが、GWや夏休み期間はかなり混むようです。
絶景のオーシャンビューで、一通り設備も整い、しかも無料!
人が多い、駐車場から遠いなど、マイナス要素もありますが、
個人的には大変気に入りました。
よって★5つとします。



inserted by FC2 system