ソロ・キャンプ(2015.8.9-10)
わかさ氷ノ山キャンプ場





ホージローのソロ・キャンプ第24弾は、
鳥取県の若桜付近に滝見に出かけたついでに、
近くの「わかさ氷ノ山キャンプ場」に宿泊しました。
今回も滝見のためのキャンプです。
とは言え、このキャンプ場は、一度行ってみたかった所なので、
ある意味、楽しみにしていました。
ところが、、。
出ばなから予想外の展開だったソロ・キャンプの様子を紹介します。



キャンプ場到着は15時30分。
しかし、キャンプ場到着直前に、ゲリラ豪雨。
いきなり出ばなをくじかれました。w(゚ロ゚;)w オォー
とりあえず、受付を済ませて、
駐車場で雨宿り。
待つこと30分。何とか止みました。(^▽^;)ホッ
晴れ間が見えてきたので、設営開始。
ここは、オートサイトもありますが、
今回は、お安いフリーサイトで。
テントはコールマンST。
別のテントを用意していたのですが、
雨対策でこちらにしました。
見晴らしの良い最前列の13番に設営。
ここは、炊事棟、トイレにも近い。
サイトは4m四方。大型テントにはきついかな。
第4炊事棟のすぐ脇です。
本当は、隣の14番がよかったけど、
水はけが悪そうだったので、、。
時間も押しているので、早速、園内散策。
ここは管理棟です。受付はここで。
自販機、無料シャワー、トイレがあります。
ここはメインのオートサイト群。
全部で43サイトあります。
各サイトと各炊事棟は回廊で結ばれています。
サイト内はこんな感じです。
電源、竈、テーブルがあります。
多少、大小ありますが、ちょっと狭いです。
こちらは、ホージローが借りた
フリーサイト群と駐車場、第4炊事棟です。
こちらも40サイト以上あります。
こちらは第3炊事棟。
フリーサイトとデッキサイトの間にあります。
デッキサイトは常設テントです。
オートサイト側にある第1トイレ棟。
和式・洋式両方ある水洗トイレです。
このすぐ脇が氷ノ山登山口です。
ここが「氷ノ越コース」登山口です。
ここから、「氷ノ越」まで1.5km。
「氷ノ山山頂」まで3.6kmです。
ここが最上部のペット可のオートサイト群です。
ここは山側は見晴らしが悪くイマイチです。
12サイトあります。。
ここはオートサイト側にある第2炊事棟です。
奥側のオートサイトはココが便利です。
ここも回廊でつながっています。
こちらは、管理棟脇の第1炊事棟です。
入口付近のサイトはここが便利です。
トイレは管理棟が便利かな。
駐車場脇にある第2トイレ棟です。
フリーサイトは、ここが近いです。
ここも広く、和洋式揃っています。
管理棟より下側にはバンガロー群があります。
こちらにも専用の炊事、トイレ棟があります。
設備は、電灯、AC電源のみ。
駐車場下にあるファイアサークル。
雨が降った後なので、水浸しです。
草は綺麗に刈られていました。
ファイアサークル下にある多目的広場。
ただの広場といった感じです。
スポーツ向けではないですね。
ここで、注意物3つ。
1つめは鹿除けの電気柵です。
夜間は通電していると思うので注意を!
2つめはこの表示です。
まぁ、土地柄いるわなぁ、、。
食べ物やごみの後始末には注意を。
3つめはこの表示。
生水は飲用禁止です。
簡易水道なのかな?
園内マップです。
ここは各種サイトがあり、とても広いです。
しかし、オートも水道はなく、炊事棟利用です。
6時を過ぎたので、夕食準備です。
今日は、道の駅「若桜」で買ったウインナー。
地元産の粗挽きウインナーです。
夕食完成! 今日は湯がくだけ。
簡単お粗末料理ですが、ボリューム満点。
ウインナーもおいしかったです。
食事を終えるころには日も暮れて、
黄昏タイムに。靄ががかってきました。
気温は22℃まで下がり、涼しい。
というか、少し肌寒いくらいでした。
こんなときは、ホットコーヒーがうまい。
寒いのでテントへ引き籠り、9時半就寝。
久しぶりに聞く、鶯の鳴き声に5時起床。
朝焼けに霞がかった山々が綺麗でした。
まさに天空のリゾート。でも、気温は21℃。半袖だとちょっと寒い。
朝は厚焼きベーコンにクロワッサン。
鳥取に来れば、牛乳はやはり白バラ牛乳!
まあ、変わり映えしませんね。
でも、ボリューム満点。
お味もGood!
ホットなカプチーノもうまい!
8時前になり、やっと朝日が射し込んできたので、
夜露に濡れたテントを乾かします。
久しぶりのこの作業。ここが涼しい証拠だね。
乾くまでぶらぶらしていたら、
アキアカネを発見!
ここは標高高いからいるよね。
朝日射すキャンプ場。
初っ端から雨に降られましたが、高原リゾート気分満点のソロ・キャンプになりました。
テントも乾き、10時に撤収しました。


今回のキャンプも、滝見のついでのソロ・キャンプになりました。
今回も夏季休暇をとり、日、月の日程になったせいか、
土日は賑わうこのキャンプ場も宿泊者は他に2組のみでした。
フリーサイトはホージローだけだったので、
ほとんど完全ソロ・キャンプでしたね。
まぁ、ゲリラ豪雨というハプニングにも遭いましたが、、。(^_^;)>
でも、雨のせいで行きたかった滝にも1つ行けませんでした。
とは言え、再訪滝だったので、またの機会にしたいと思います。
キャンプ場自体は、設備も綺麗で、広々。
オートサイトは、垣根はあるものの孤立感はないのでソロ向きとは言えませんが、
利用者のあまりいないフリーサイトなら、
ソロキャンプでもお薦めできる場所です。


キャンプ場データ

(あくまでも参考までに)

オートサイト 43 価格 A5,000円 F2,000円
チェックイン・アウト 15:00 翌11:00 サイト設備 A:電源、竈、テーブル
地面(適応ペグ) 芝(アルミ、スチール) トイレ 3ヶ所
風呂・シャワー 管理棟に温水シャワー有 街灯類 場内に数ヶ所
ロケーション 高原 ペット同伴 一部可
焚き火 器具使用 予約 ネット又は0858-82-1111
買い物場所 若桜付近で 観光 滝、登山
備考 フリーサイト有 総合評価 ★★★★☆

<総評>

料金は、オートサイトが5,000円(水道なし、電源料込)とやや高めです。
フリーサイト(設備なし)は、2,000円とまあ並です。
この他に、常設テントデッキサイト(3,000円)、バンガロー(4,000円)もあります。
サイトは、オートもフリーもすべて区画型です。
見た感じでは、フリーは4m四方程度のやや狭めのサイトです。
(ソロなら、テント+タープでギリギリです。)
オートも大きさにばらつきがありますが、それほど広くありません。
オートサイトには、電源、竈、テーブルといったサイト設備がありますが、
水道(シンク)はないので、5,000円はやや高いですね。
しかし、炊事棟が5か所、トイレ棟も3カ所あり、
管理棟には、無料シャワー、トイレ、自販機もあります。
キャンプ場全体としては、設備的には充実しています。
予約は、3日前までならネット予約も可能ですが、電話でも受付できます。
ゴミは、基本的に持ち帰りになります。
管理棟には温水無料シャワーがあり、身障者用の広めのシャワー室もあります。
また、領収書を持参すれば車で15分の「湯原温泉」が割引利用できます。
このキャンプ場は、高原リゾートとして人気があり、
GWや夏休みの土日はけっこう埋まっているようですが、
それ以外は空いていて、穴場キャンプ場です。
道路や集落からも少し離れているので、
のんびりしたいソロ・キャンプにもお薦めできます。
土質は芝で、比較的やわらかいので、
ペグはスチールかアルミでもいいでしょう。
トイレは和・洋式水洗で、よく手入れされています。
食材は、近くにスーパー等がないので、若桜付近で買うとよいでしょう。
携帯は、問題なくつながります。
ロケーションは高原で、朝夕は冷え込みます。
園内には街灯や案内灯が数ヶ所ありますが、
基本的には暗く、足元も悪いので、ライトは必須です。
観光としては、滝巡りや氷ノ山登山がいいでしょう。
このキャンプ場が、氷ノ山の登山口の1つになっています。
営業期間は4月上旬〜11月下旬です。
価格はやや高めですが、設備は綺麗で充実しています。
フリーサイトならソロキャンプにもよさそうです。よって★4つです。



inserted by FC2 system