ソロ・キャンプ(2015.5.30-31)
グリーンパークハチ北キャンプ場





ホージローのソロ・キャンプ第15弾は、
再び地元香美町のキャンプ場を選びました。
今回の宿泊地は、村岡区にあるグリーンパークハチ北キャンプ場です。
「ハチ北スキー場」のすぐ近くにある林間キャンプ場です。
ホージロー好みのワイルドなソロ・キャンプの様子を紹介します。



キャンプ場到着は14:00。
ここが管理棟です。しかし、常駐されておらず、
定期的に集金に来られます。
ここは、基本的にフリーサイトのようで、
好きなところに設営できます。
今回は広場脇の中段にしました。
今回は、夕方から雨の予報だったので、
前室の広いドッペルT3-159にしました。
荒天時には活躍します。
設営場所は、広場から見るとこんな感じ。
炊事棟、トイレから少し離れますが、
林間気分を味わえるので。
ここで恒例の園内散策。
炊事棟は2つ。かなり大きいです。
設備はやや古いかな、、。
炊事棟の中はこんな感じ。
グループキャンプ用の大釜もあります。
掃除は綺麗にされている感じです。
ゴミは分別して出せます。
回収してもらえるのはいいですね。
この手のキャンプ場では珍しいです。
しかし、この表示が、、。
生ごみは朝に出しましょう。
熊ではなかったけど、鹿、アナグマは見ました。
ここは、最上部のサイト。
かなり広めの広場です。
大型テントやスクリーンタープにはお薦め。
管理棟脇にも小型サイトが点在します。
ソロキャンプやツーリングキャンパー向け。
ここなら管理棟内トイレが便利です。
ここがトイレです。(和式簡易水洗式)
キャンプ場の端にあり、
サイトからはかなり遠いです。
トイレの裏にある「昇龍の滝」への入口。
ここから約500m。道はよいです。
普通の運動靴でもOKです。
「昇龍の滝」と「夫婦滝」。
このキャンプ場を訪れたらぜひ。
小さいけれど綺麗な滝です。
緑に映える滝姿も綺麗です
そう言えば、このキャンプ場は、
今までこの滝の駐車場のつもりでした。
キャンプ場の隣は、マレットゴルフです。
マレットゴルフとは、パターゴルフを
ゲートボールのスティックと球でするような感じ。
ここは、数年前に整備されました。
本格的な18ホールコースです。
使用する場合は、ハチ北観光協会へ。
多目的グランド。
マレットゴルフ場の隣にあります。
こちらもハチ北観光協会へ。
みずばしょうの里。
実生発祥の地だそうです。
キャンプ場へ向かう途中にあります。
ところで、このキャンプ場はテーブルが多い。
この辺りはU字溝を使ったBBQ場かな?
各サイトにも1つずつあります。
キャンプ場に戻ると、もう1人キャンパーが。
バイクツーリングの方でした。
完全ソロではなくなりましたが、ちょと心強い。
雨が降ってきたので、前室で夕食準備。
今回の新兵器、ユニフレームの焚き火テーブル。
これ高いけど、前から欲しかった。
今日は、鶏モモ肉の焼き鳥風炒めです。
あとは、定番カレーにサラダ、味噌汁。
前室内なので、お手軽料理です。
夕食完成です。
今日はシンプルです。
でも、旨いし、ボリューム満点です。
夕食を終えると、陽は落ちて、
少しガスがかってきました。
ちょっと幻想的な雰囲気です。
夜霧に浮かぶテントもいい感じ。
でも、この後、雨が強くなり、
テントの扉も開けられなくなりました。
しかたなく、前室内でまったりタイム。
まだ、19:00前だというのに暇です。
ラジオを聴いたり、本を読んだり、、。21時就寝。
鹿の鳴き声に5:30起床。
昨日の夜は、けっこうな大降りでした。
朝には上がり、前室もオープン。朝食準備。
この日は、9時から予定があり、
簡単定番朝食です。
大急ぎで片付け、8時に撤収しました。


今回は、よく知っている地元のキャンプ場だったのですが、
実は利用したのは初めてでした。
天候には恵まれず、夜はほとんどテントで過ごしましたが、
鹿、アナグマ、何種類もの小鳥たちに出会い、
自然さ満点のキャンプになりました。
ロケーションが林間という好条件のなせる業でしょう。
ちょっと寂しいですが、ソロキャンプには好適な場所です。


キャンプ場データ

(あくまでも参考までに)

オートサイト 乗り入れ可 価格 大人720円、小人500円
チェックイン・アウト 14:00 翌10:00 サイト設備 なし
地面(適応ペグ) 芝・草(スチール・鍛造) トイレ 場内2ヶ所
風呂・シャワー なし 街灯類 場内に1ヶ所
ロケーション 高原・林間 ペット同伴 可(要リード)
焚き火 可(器具使用) 予約 不要
買い物場所 村岡にスーパー有 観光 昇龍の滝・高原植物園
備考 野生動物注意 総合評価 ★★★★☆

<総評>

料金は、大人720円、小人500円、駐車代500円とリーズナブルです。
設備のやや老朽化していますが、よく整備されています。
予約は不要で、定期的に集金に来られるようです。
ゴミは分別回収してもらえますが、生ごみは夜間には出さないように。
夜間には、近隣の山から動物たちがやってくるので、
トラブルを防ぐ意味でも気をつけましょう。
(管理棟は鍵が開いているので、避難所としても利用できます。)
このキャンプ場は、普段はほとんど利用されていないようなので、けっこう穴場です。
そういう意味では、のんびりしたいソロ・キャンプには、お薦めできます。
土質は芝で、ペグは、基本的にスチール、Vペグでいけます。
トイレは和式の簡易水洗ですが、端の方にあるので、
どのサイトからもやや遠いです。
管理棟周辺のサイトを利用するなら、管理棟内のトイレを利用しましょう。
(身障者用トイレはありません。)
炊事棟は2つあり、かなり広いです。
かつては、林間学校等によく利用されていたようです。
食材は、近くに店等がないので、村岡や八鹿付近で購入しましょう。
携帯は、各社とも問題なくつながります。
ロケーションは、なかなかの林間で、高原風です。
園内には街灯が1つしかなく、夜の移動にはライトが必須です。
炊事棟の電灯、トイレの外灯も利用した方が良いでしょう。
観光としては、すぐ近くに昇龍の滝や高原植物園の散策などが良いでしょう。
営業期間は5月〜10月で、冬季は雪のため閉鎖されます。
また、山間部にあるので、野生動物はかなり出没します。
今回も鳥や鹿、アナグマなどけっこう来客がありました。熊にも注意です。
なお、何かあるときにはハチ北観光協会(0796-96-0732)へ連絡します。
かなりワイルドなキャンプ場ですが、
ソロキャンプにはよい場所なので、★4つくらいです。



inserted by FC2 system